上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
室内用にしたゴムの木。

ハゲちゃびんから脇芽を育て続けて2年になります。

室内用といいつつ、昨夏の台風の時にベランダに出しちゃってて、

ひっくりかえって、根元から折れかかり、 !!!

斜めったまま半年以上放置されておりました。。が、、、


このたび、ようやくまっすぐに植え直してさしあげました~




あらやだ、美しく育ってらっしゃるではないですか

折れかけてたのになぜこんなに大丈夫だったのかというと、

折れた箇所の上から根っこが何本も生えて、土に潜っておられました。

なんだか、手長の妖怪のような宇宙人のようなグロテスクな図だったのですが、

写真撮り忘れてて、お見せできなくて残念。

とにかく、ゴムの木はどんな目にあっても健気に丈夫に生きています。


玄関から眺めるとこんな感じ ↓

IMAG1033.jpg

昨年の夏の写真 ↓ と比べると、形がよくなったようで嬉しいです

IMAG0573.jpg

この先は、、どんなふうに成長されるんでしょうねー





2014.04.29 Tue l ベランダガーデニング l COM(6) TB(0) l top ▲

コメント

おぉー!
素敵空間ではないかぁー(^O^)/
2014.05.01 Thu l Katsuya.T. URL l 編集
おひさしー!
ありがとーん(^^)ノ

ゴムの木があるだけでね♪
ちっと見栄えがよくなるよね♪
2014.05.02 Fri l Kumiko. URL l 編集
かっこいいです!
またまたお邪魔させていただきました!とてもスタイルがいいですね!うちのと同じゴムの木とは思えません。どうやったら格好良く枝分かれさせられるのでしょうか?
うちのは杉の木みたいに幹がいっぽんで、やたらと葉が生えてるだけなんです。

不躾ですがコツを教えていただけましたら幸いぞんじます。m(__)m
2014.05.09 Fri l たろ. URL l 編集
たろ様
こんにちは!
褒めてくださってありがとうございます。嬉しいです!
たろさんもゴムの木と生活していらっしゃるのですね(^^)

コツは特にないのですが…
うちのも一本植えのままですと、ずーっと背が伸びるままでした。
背が高いと不安定で危ないので上のほうを切って違う鉢に挿し木します。
そうするとこの挿し木したゴムの木は、またまっすぐ背が伸びるだけなのですが、
上部分を切られた根元のほうのゴムの木、これを捨てずにそのまま放っておくと、切り口の際から新芽が出てくるんです。必ず2つ以上!

そもそも、このゴムの木も、コメント入れてくださった過去記事のゴムの木も、捨てそこなった根元の木なんです。
その後は時々鉢の向きを変えながらお日様に当てているとお日様のほうに向かって育ってくれます。

たろさんも、ゴムの木を仕立て直すときには、根元の木を捨てずに、脇芽を育ててみてください。
コツと、しいて言うならば、「放置」でしょうか。
ウチの子たちは、「捨てそびれ」ですから(^^;;
2014.05.09 Fri l Kumiko. URL l 編集
ありがとうございます。
kuさん。ありがとうございます!根元の木を取っておけばああいう風に二股に育つんですね。よくわかりました!
放置、というのも納得しました(笑)。
私も実家から貰った(押しつけられた?)ふた株があるのですが、kuさんのを見習って散髪してみました。あまり格好良くないですが…。
取り木とかも愉しそうですね。

また遊びに来ます。いろいろおしえて下さい(^_^)ノ
2014.05.12 Mon l たろ. URL l 編集
たろ様♪
ゴムの木、散髪なさったのですね!
今後の成長が楽しみですね!

取り木、正確にそう呼ぶのかちょっとわからないのですが、楽しいですよ。
コケの合間から根っこが見えた時のうきうき感をぜひ味わってみてください♪
我が家も近々、取り木して2本仕立てに挑戦予定です。

また、遊びにきてください(^^)

2014.05.16 Fri l Kumiko. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kumiko7.blog21.fc2.com/tb.php/406-201fd185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。